静岡市清水区のITFテコンドー道場 国際テコンドー連盟全日本協会公認道場

2008年

2008・12・21


ポインタを合わせると画像が変わります
12月21日に神奈川県の鎌倉武道館にて市にて第20回学生テコンドー選手権大会が行なわれました。
今年最後の大会で静大連合軍が大活躍。
組手では去年の学生MVPを倒して見事優勝を飾った静岡キャンパスの上田くん、T部型デビューで同道準優勝の浜松キャンパスの伊東くんをはじめ、団体戦では組手、型ダブル優勝をおさめ、総合成績で3位に入りました。
地方大学としては快挙と言っても過言ではありません。
来年は学生MVP&総合優勝を狙います。



2008・10・26


ポインタを合わせると画像が変わります

ポインタを合わせると画像が変わります
10月26日に東京都町田市にて第5回町田市テコンドー選手権大会が行なわれ、静岡道場、静岡大学から多数の選手が入賞しました。
先月昇段し、一部デビューとなった上田、平野両選手をはじめ、この大会で大きく花開いた大野選手、安定した実力を見せる稲守選手、末武選手、型と組手でダブル入賞を果たした石山選手、浜松で着実に成長を遂げる伊東選手など、ますます楽しみな選手が育ってきました。



2008・10・18

 
東京都町田市において第53回昇段審査が行なわれ、静岡から上田高路さん、平野智之さんが受審しました。
この日のために2人とも8月中旬から一日たりとも練習を休まず、忙しい日でも夜中に公園でこっそり練習を続け、この日を迎えました。 昇段審査という特殊な空気の中で自分の実力を100%出し切ることは簡単ではありません。満足いかなかった点もあったかと思います。 でもそれでいいのです。だからこそ私たちの歩む武の道に終わりはないのです。

今週黒帯と道衣が届いたので掲載します。



ポインタを合わせると画像が変わります

ポインタを合わせると画像が変わります

ポインタを合わせると画像が変わります


2008・9・7


神奈川県の鎌倉武道館で2008年神奈川県大会が開催されました。
今回は静岡大学から浜松キャンパス主将の伊東キャプテンのみの参戦となりましたが、浜松キャンパスでともに汗を流す土屋くんの応援もあり、トゥルで見事優勝を果たしました。
伊東キャプテン自身、また静岡大学浜松キャンパスにも初の金メダルとなりました。

伊東キャプテンのコメント:
「どんなもんですかー!」


2008・8・23


ポインタを合わせると画像が変わります
8月23日(土)・24(日)と千葉県九十九里浜でT.K.KING合同合宿が行なわれ、静岡道場から稲守さん、上田さん、平野さん、静岡大学(静岡キャンパス)から東キャプテンが行ってきました。
あまり他道場との交流の機会がない静岡にとってはまたとない貴重な機会となりました。



2008・7・6


ポインタを合わせると画像が変わります
東京都の駒沢駒沢オリンピック公園総合運動場体育館似て第19回全日本テコンドー選手権が行なわれました。
前回女子マッソギT部無差別級の王者、李美希さんは惜しくも準優勝となりましたが、今年も大会を大きく沸かせてくれました。
U部(色帯の部)では静岡大学が大活躍。特にライト級決勝では静岡大学同士の対決となり、このまま行けば今年の学生大会MVPも夢じゃありません。


2008・6・1


ポインタを合わせると画像が変わります
東京都立川市にて開催された第7回東京都テコンドー選手権大会に出場しました。
末武元気さんがマッソギ成年男子二部中重量級で3位、上田高路さんがトゥル成年男子二部で優勝し、敢闘賞を手にしました。
末武さんは安定した実力で毎回入賞を果たしています。
上田さんは全日本大会選考会のマッソギに参加しての敢闘賞です。
静岡道場は確実に成長しています。

2008・5・18


静岡大学浜松キャンパスにてリーズテコンドー静岡・浜松支部との合同練習を行ないました。
浜松キャンパスのテコンドー部は発足して2年目となる新しいクラブで、まだ他の道場やクラブと交流する機会が少ないため、いい経験になりました。
これからも静岡県西部の交流を図っていきたいと思っています。

2008・5・18


ポインタを合わせると画像が微妙に変わります
国内初となるチェ・ジュンファ総裁セミナーが中央大学で行なわれました。
短い時間でしたが、今後のテコンドー人生の中で大きな1日となりました。
その後、米津副師範の昇段審査が行なわれました。
過酷な課題をこなし、みごと四段に昇段しました。 協会で承認されれば静岡初の師範誕生です。
米津副師範の師範道衣を見るのが待ち遠しい道場生一同です。


ポインタを合わせると画像が微妙に変わります

2009年
アルバムメニュー
2007年